スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2016年05月16日

外がこんな状態なので



ところで中でのささやかな触れ合いのお話を一つだけさせてくださいね。

中に入っても人は溢れ、時には人の陰の前後を体を右左に振って絵を観なければなりません。それで

「右と左に分かれてしまった絵のパーツを、頭の中で接続しなくちゃいけないなあ。」と思わず呟いてしまいました。

すると前にいた人が(簡単には退けない状態。)、体を斜めにして

「この角度から一気見して。」と言ってくれたのですHKUE 好唔好

普通に立っているだけで、どれだけの人とぶつかったかというような会場の中で、そんな譲り合いって素敵な事と思いませんか。

この記事を書くのに、ちょっとだけ時間確認で検索しました。

それで知ったのですが、同じ12日の日の夜、皇太子夫婦が鑑賞に訪れたみたいです柏斯琴行老师

まあ、同じ日に行かれて光栄だわ…なんて気持ちにはもちろんまったくなりませんが(意外にも皇室好きなんだけれど、私)、人の頭越しに絵を見るなんて事は絶対にないんだろうなって、その時のニュース画像を見て思いました。

つまりこの方々には「逆に楽しい。」と言う言葉って、きっと理解できないに違いないと思ったのでした。


まあ、とにかく「若冲展」は5月24日までです。

あっ、そうそう。18日の水曜日は65歳以上の方は無料ですよ。

つまり64歳以下の方は行かない方が無難と言うことかもしれませんね。  


Posted by fengkuangjiu at 17:04Comments(0)

2016年05月16日

平日であっても同じよう

係の人は同じく「三時間待ちでーす。」と言っていましたが、列はさらに伸びていました。美術館の外で折り返しの列になっていました。

この外の列が一体どこまで伸びているんだと言うくらい長かったです。

確かに「鳥獣戯画展」でも3時間は並びましたが、敷地内で90分館の中で90分、給水サービスなどもちゃんとしていてあまり辛くはなかったのでしたが、こちらは敷地外はただひたすら並ぶだけです。

だけど、女二人の待ち時間はずっとおしゃべりで退屈知らずと言うものですよ。

姉と二人でドラマの話などお気楽な話を延々としていました。

そして並んでいるうちに前後左右にいる方々が同志にさえ見えてきました。

ちょっとおしゃべりなどの交流もあったりしました。

それこそほんのわずかな触れ合いと言えるかもしれませんね、

でも近くで並んでいた人の中には具合の悪くなってしまった方もいらしたみたいです。

会期が後わずかな「若冲展」です。

な混雑は予想されます。これから行かれる方は、お天気にもよりますが、5月の日差しは意外ときついものがあります。日傘や濡れタオル、それに水分を補給できるものは必ずお持ちになった方が良いですよ。着いた早々並ぶなら立ちながら食べる事が出来る軽食もあった方が良いかもしれません。  


Posted by fengkuangjiu at 17:01Comments(0)
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
fengkuangjiu